大正デモクラシーの旗手、吉野作造ゆかりの品の展示。遠足や社会科見学、講演会会場、展示館貸出も受付。-吉野作造記念館 宮城県大崎市古川

吉野作造記念館ホーム > 吉野作造記念館 ご利用案内

大正デモクラシーの旗手民主主義の父吉野作造の記念館「吉野作造記念館」のご利用案内
施設紹介について 吉野作造記念館について 入館料について 
 
夏休みの観光ツアーや小中学校の遠足・社会科見学ツアーにぴったりな当館の展示室や研修室等のご案内
吉野作造記念館の施設のご案内
当館の講演会会場や会議室は一般の方でもご利用になれます。貸室利用案内
会議や講座に便利な貸室のご紹介
宮城県大崎市古川の周辺地図や当館までの交通手段を公共機関・高速道路・JRに分けて詳細にご紹介
当館までの交通アクセスのご案内
当館が展示している吉野作造にゆかりある品々をご紹介します
作造にゆかりある数々の展示品を紹介
当館主催の講座やセミナー・イベント情報ほか当館からのお知らせもお送りします
講座・セミナー・イベントのご紹介
夏休み・休日の観光ツアーや小中学校の遠足や社会科見学で当館のご利用のご相談お待ちしております! お問い合わせ
当館へのお問い合わせはこちらから
施設名 吉野作造記念館
施設概要

1995年(平成7年)1月29日 吉野作造の誕生日に開館 。建物は大正ロマン風を基本に現代建築を大胆に取り入れ、吉野作造の時代先見性と人間を盛り込んだつくり。

敷地面積 8,321.68u

延床面積 1,725.05u

構  造 鉄筋コンクリート・平屋建

館 長 大 川  真(おおかわ まこと)館長
開館時間

9時〜17時まで(※会場の貸出は21時まで可能)

所在地

〒989-6105 宮城県大崎市古川福沼1-2-3
電話/FAX 電話 0229-23-7100 / FAX 0229-23-4979

メール

アドレス

お問い合わせフォームでのお問合せの方はこちらから

yoshino-npo.fg★blue.ocn.ne.jp

★を@に変更し、メールアドレスを入力して下さい。

休館日

毎週月曜日
 (但し月曜日が祝・祭日にあたる場合は翌日が休館日となります。)

年末年始(12月29日〜1月3日)

特別顧問

猪木武徳

特別顧問

猪木武徳

読売・吉野作造賞受賞者で同賞の選考委員会座長を務められ、当館主催人材育成研修会などで多大なお力添えを頂いております猪木武徳氏に2012年より特別顧問にご就任いただきました。

 

(略歴)

京都大学経済学部卒業。米国マサチューセッツ工科大学大学院修了。大阪大学経済学部教授・学部長を経て、2002年より国際日本文化研究センター教授。2008年、同所長。日本学術会議会員、日本経済学会会長、東京財団仮想制度研究所(VCASI)フェローなどを歴任。現在、青山学院大学特任教授。

(受賞歴)日経・経済図書文化賞(1987年)、サントリー学芸賞(1987年)、大平正芳記念賞(1988年)、石橋湛山賞(1998年)、読売・吉野作造賞(2002年)、紫綬褒章(2002年)、桑原武夫学芸賞(2004年)

(主要著書)『経済思想』(岩波書店、1987年)、『新しい産業社会の条件――競争・協調・産業民主主義』(岩波書店、1993年)、『自由と秩序――競争社会の二つの顔』(中央公論新社、2001年)、『文芸にあらわれた日本の近代――社会科学と文学のあいだ』(有斐閣、2004年)、『大学の反省』(NTT出版、2009年)、『戦後世界経済史 自由と平等の視点から』(中公新書、2009年)、『公智と実学』(慶應義塾大学出版会、2012年)、『経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み』(中公新書、2012年)など。

故 井上ひさし

名誉館長 紹介

本名=井上廈

(いのうえ ひさし)

山形県生まれ。

上智大学文学部卒。

1934年(昭和9年)11月16日川西町(旧小松町中小松)生まれ。作家・劇作家。
川西町名誉町民(99年10月)。千葉県市川市文化振興財団理事長。こまつ座代表。上智大学フランス語学科卒業。放送作家としてNHK人形劇「ひょっこりひょうたん島」(共作)などで活躍を始める。87年に遅筆堂文庫開館。生活者大学校、フレンドリープラザ付属演劇学校校長。川西町が舞台にもなっている小説に「下駄の上の卵」(新潮文庫)や「イソップ株式会社」(中央公論新社)、エッセイには「本の運命」(文春文庫)などがある。04年度文化功労者。1998年4月1日吉野作造記念館名誉館長就任。2010年4月9日逝去。

 
当館入館料のご案内
 春休み・夏休み・秋休み・冬休みのレジャー、小・中・高等学校の社会科見学ツアー、観光ツアーにぜひ「吉野作造記念館」をご利用ください!当館の入館料は次のようになっております。
 区 分
小・中学生
高校生
一般
個  人
100円
210円
310円
団体割引
(20名以上・要事前連絡)
80円
160円
250円

企画展特別料金(個人)

※常設展と企画展の見学可能

200円
300円
500円

企画展特別料金(団体)

※常設展と企画展の見学可能

100円
200円
400円

また、インターネット特別割引券のサービスも行っておりますのでぜひ印刷してご利用ください。 (団体割引との併用は出来ません)

入館無料招待事業(PDF申込書有り)

宮城県内の小・中・高校・大学生が授業の一環で

見学をする場合、申込書に必要事項をご記入いただき

当館まで提出すると入館無料になります。

【入館料の免除について】※吉野作造記念館管理運営規程より

入館料の免除を希望する場合、以下の申請書の提出をお願いします。

  →「利用料金免除申請書

・市内の幼稚園、小学校が学習活動の一環として展示物の見学をする場合。

・身体障害者福祉法の規定による身体障害者手帳の交付を受けている者及びその者の身体障害者の程度が1級または2級であるものの介護者(1人に限る)が展示物を見学する場合。

・療育手帳制度要綱の規定により療育手帳の交付を受けている者及びその介護者(1名)が展示物を見学する場合。

・精神保健および精神障碍者福祉に関する規程により精神障害者福祉手帳の交付を受けている者及びその精神障害の程度が1級及び2級である者の介護者(1名)が展示物を見学する場合。

・資料の特別利用の許可を受けた者が入館する場合。

・市が主催する事業のため記念館の施設を利用する場合

・その他市長が公益上特に必要と認めるとき。

上記の内容の規定により料金の免除を受ける場合は、免除申請書の事前提出が必要となります。


インターネット特典入館割引券のページへ

「大崎ゆめっこパスポート」の利用について

吉野作造記念館の見学をする際にご利用できます。

ご利用の際は、当館受付にて提示して下さい。

対  象

大崎圏域内の学校に通う小・中学生、又は大崎圏域内に住んでいる小学生・中学生

料  金
無料
利用できる日
土日・祝日、春休み・夏休みなど
その他の当館割引サービスについて

 ・姉妹都市の東京都台東区民の皆様(通常入館料 → 団体割引となります。)

 ・宮城マスター検定合格者の皆様(通常入館料 → 団体割引となります。)

 ・いきいきSUNクラブ会員の皆様(常設展見学310円 → 250円となります。)

 
資料特別利用にあたっての規則改定について

2013年度より、当館資料の特別利用に関する規定が変更となりました。利用に関する条件や減免規定に関しましては、下記の「資料特別利用に関する要項」をご確認の上、「資料特別利用許可申請書」にてお申し込みください。

資料の借用や複写をする場合

 ・資料特別利用の際の規則改定

 ・資料特別利用申請書

 ・資料コピー申請書

遠足に観光ツアー、春休み・夏休み・秋休み・冬休みの社会科見学に最適!大正の歴史を語りつぐ喜雄蝶名展示品をご紹介 吉野作造記念館について
吉野作造ゆかりの品や巨大スクリーンで振り返る大正史
民本主義の実現のために奔走した作造の生涯 吉野作造について
大正デモクラシーの旗手として走り続けた吉野作造の足跡
民衆のための政治を求める運動の広まりと時代のうねり デモクラシーって?
民本主義を広めようとした作造が懸命に生きた大正の時代
遠足に観光ツアー、春休み・夏休み・秋休み・冬休みの社会科見学に最適!当館の施設のご紹介ページへ 大正デモクラシーの旗手民主主義の父吉野作造の人物像の紹介ページへ 大正デモクラシーの旗手民主主義の父吉野作造が生きた大正の時代と大正デモクラシーについて
■吉野作造記念館サイトマップ
吉野作造記念館トップページ
当館について
当館の施設情報
ご利用案内
展示室や講座室など
吉野作造記念館 の施設のご案内
公共機関・バス・JR・高速道路の詳細な
当館への交通アクセス

研修室・講座室
当館の一般貸出施設について

インターネット特典!
吉野作造記念館入館割引券のご案内
社会科見学のご相談や疑問質問はこちら
当館へのお問い合わせ
当館ホームページの
プライバシーポリシーに対する考え方
刊行物資料
吉野作造記念館所蔵資料
「読売・吉野作造賞」について
吉野作造や当館に関する情報満載!
吉野作造記念館だより
宮城県・大崎地区のお役立ち情報
お役立ち情報リンクのページ
吉野作造について
大正デモクラシーの旗手・民主主義の父
吉野作造について
吉野作造の交友関係がよく分かる
吉野作造周辺の人々
吉野が広めた大正デモクラシーとは?
吉野作造こぼれ話
  日本民主主義の父・吉野作造
  吉野は古川野球の先駆者だった!?
  おしゃれだった!?作さん
  金銭感覚はなかった?吉野博士
  泣いた子供をあやすのが得意だった吉野
  吉野は大の甘党!?
  だれとでも仲良くなれた吉野!?
  吉野家は人でいっぱい!
  古川小学校の親友たち
  デートは歌舞伎座で?
   └補足:演劇画報「先づ観劇料を」
  気の弱さは天下一品!?
  少年たちよ、有名になれ
吉野作造の思い出を語る一品が勢ぞろい
吉野作造記念館の一品
イベント開催情報
講演会・セミナー・その他イベントの
吉野作造記念館主宰開催情報ページ
  過去の吉野作造記念館主催事業活動
子供向けコンテンツ「はかせのたまご」
当館への春休み・夏休み・秋休み・冬休みの遠足や社会科見学、観光ツアーの電話でのご相談はこちら 0229-23-7100
遠足・観光・見学などお電話でのお問い合わせ
  当館への春休み・夏休み・秋休み・冬休みの遠足や社会科見学、観光ツアーのFAXでのご相談はこちら 0229-23-4979
遠足・観光・見学などFAXでのお問い合わせ